Doctor’s Interview

大野 尚仁(おおの なおひと)先生

長年、真菌を中心としたβ‐グルカンの構造と免疫修飾作用を中心に研究を進められたβ‐グルカン研究の第一人者。免疫学の権威。
2018年日本医真菌学会 学会賞受賞。

免疫機能を活性化するβ-グルカンのおはなし 創薬などの研究から健康増進の注目成分へ

グルコースのポリマーは自然界にたくさん存在します。よく知られているのは、デンプンやセルロース(紙)。デンプンはα1,4-結合、セルロースはβ1,4-結合を含みます。その他にもβ1,3-, β1,4-, β1,6-結合を含むポリマーが多数存在しています。大麦などの穀物はβ1,3-とβ1,4-結合、キノコや酵母などの真菌はβ1,3-とβ1,6-結合、細菌や藻類にはβ1,3-やβ1,6-結合を含むポリマーが存在します。β-グルカンとは、β結合したグルコースのポリマーの中で、特に機能性の面から注目されているものを指しています。

β-グルカンの研究は1960年代頃から注目されるようになりました。当時は、主にがんの治療法の研究として、キノコや酵母など有効性があるといわれたものが対象でした。私が研究を始めた1980年頃、がんの治療薬としてβ-グルカン製剤が3種類誕生しており、私もがんの免疫療法の研究を行っていました。

ところが時が流れ現代になると、経済発展と医療水準が高まったことも相まって多くの方が長寿になり、健康への意識も変わってきました。例えば、感染症については、化学療法剤(抗生物質)が多数登場し、予防接種も普及してきたので、抗生物質が効かない細菌や病原性真菌による感染症などが注目されるようになってきました。そこで真菌に対する免疫力を高める成分として、β-グルカンの新機能が注目されるようになってきました。

また、健康長寿思考の中で、健康食品(健康の維持・増進)への期待も高まってきました。良質な健康食品が求められています。そのような背景の中、新成分として「やっと今、パラミロンが登場してきた」というのが正直な感想です。研究では非常に興味深い結果が出ていますので、これまでにない可能性を秘めたβ-グルカンとして、ますます期待しているところです。

青江誠一郎(あおえ せいいちろう)先生

日本食物繊維学会理事長、パラミロン研究会副会長などを兼任。食物繊維摂取とメタボリックシンドロームの関係などを専門に研究を続けている。

生活習慣病のリスクを下げるパラミロンのおはなし 食後に上昇した血糖値を速やかに下げ、糖や脂肪の代謝を高める仕組み

食物繊維の研究をしている中でユーグレナと出会い、パラミロンと出会いました。
驚いたのは、パラミロンは腸の中で水を吸って膨らんだり、ねばねばして腸内を掃除するのではなく、腸内発酵するわけでもないのに、血糖値やコレステロールを下げるという事実でした。これはなんだろうと思い肝臓を調べますと、PPARαという脂肪を分解する指令を出す調節物質の遺伝子の数値がものすごく上がっていたのです。こんな働きをするのは、魚油に含まれるDHAやEPAなど限られた成分で、あとは薬になります。食物繊維では見たことがありません。

しかも実験では、マウスの排泄物からパラミロンがそのままの形で出てきたことも確認できました。つまりパラミロンを感知した腸が、肝臓へシグナルを飛ばし、肝臓から全身に指令が送られて、糖や脂肪の代謝を高めたり、悪玉コレステロールを減らしていると考えられるのです。

また、消化吸収されず、下痢などの副作用もなく、他の栄養素の影響を受けにくいのもパラミロンの特長です。そのためお腹の弱い方にも効果が期待できますし、腸の働きや代謝が低下している高齢者の方の腸を元気にすることで体質改善が望めます。
腸は全身の神経やホルモン、脳やさまざまな臓器、さらに気分やお肌などにも関係のあることがすでにわかっています。パラミロンの未知なる可能性を解き明かし、毎日の健康や美容、そして生活習慣病の予防に役立てたいですね。

Copyright © KOBELCO ECO-SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.