不安疲労と腸ツボ

環境の変化で広がる不安と疲れ、新しいタイプの疲労「不安疲労」が広がっています

長引く環境の変化によって、日常生活でストレスや不安を感じる機会が多くなったのではないでしょうか。
2021年の調査によると、半数以上の人々に新たな疲労「不安疲労」が広がっていることが分かりました。

Q.この1年間で、「不安疲労」を感じることが増えたと思いますか?(SA)

「不安疲労」とは、身体的疲労と精神的疲労が合わさった新たな疲労です

不安疲労とは、何となくだるい、やる気が出ないといった疲労感が蓄積した状態で、精神的疲労と身体的疲労が合わさった新しいタイプの疲労です。

「何となくだるい」「体が重い」といった身体的疲労×「やる気が出ない」「不安」といった精神的疲労=新しい疲労「不安疲労」

「不安疲労」を感じたら早めの対処が大事

不安疲労は、自律神経のバランスが損なわれているためと考えられます。ストレスや不安によって自律神経の乱れが続くと、自律神経のバランスが元に戻りにくくなり、常に疲れやすく、免疫力の低い体になってしまいます。「不安疲労」を感じたら、早めの対処が必要です。

不安疲労を解消するカギは「腸」にあり

「不安疲労」を軽減するために、「腸ツボ健康法」が注目されています。
脳腸相関という言葉がありますが、脳と腸は密接に関係しています。脳がストレスを受けると、腸の状態が悪くなります。腸の不調も自律神経を通して脳へと伝わり、脳に不調をもたらします。
腸は第2の脳ともいわれ、心と体全体の健康に影響を及ぼしています。

腸ツボを刺激して自律神経を整える「腸ツボ健康法」

腸を刺激して、心身の疲労を軽減し、免疫力を向上させるのが「腸ツボ健康法」です。
「腸ツボ健康法」は体の内側である腸管の内側から腸ツボスイッチを押し、自律神経を整える健康法です。

腸から脳にシグナルを送る「腸ツボ」の働きが注目されています

近年、腸管粘膜にあるセンサー(腸ツボ)が刺激されることで神経系・免疫系・内分泌系の細胞が活性化し、腸から脳にシグナルを送ることが分かってきました。

元気スイッチ・パラミロンEOD-1は不安疲労を軽減します

パラミロンEOD-1 は、腸の中に直接作用することが明らかになっている唯一の食品成分です。小腸に点在する「腸ツボ」を刺激して、自律神経を副交感神経優位のバランスに整え精神的疲労を軽減します。パラミロンは「元気スイッチ成分」とも呼ばれており、睡眠の質を改善し、不安疲労軽減に効果があることが確認されています。

腸ツボを押すパラミロンの働き

パラミロンEOD-1は腸ツボを直接刺激し、健康のベースアップをサポートします

パラミロンは腸ツボを内側から刺激し、健康のベースアップをサポートする成分です。パラミロンを継続的に摂ることによって、自律神経のバランス向上、全身の免疫力のアップはもちろん、脂質を処理してくれる力(代謝力)を向上させて、ココロも体も元気に健やかにしてくれることが期待できます。

  • 朝の目覚めがスッキリ!
  • 毎日ココロ健やか!
  • 行動がアクティブに!