パラミロンEOD-1健康機能情報

知らず知らずのうちに蓄積する「不安疲労」、早めの対処が大切です

パラミロンEOD-1の摂取によって、新生活様式による「不安疲労」軽減効果が確認されています。その秘密は睡眠の質向上による自律神経のバランス改善にあります。

01 精神的疲労の軽減

ストレスや不安による精神的疲労をためないことが大切です

パラミロンEOD-1の摂取によって、日常生活の精神的疲労感が軽減され、また、疲労回復期の自律神経活動のバランスが早期に改善したことが確認されています。

02 免疫力の向上

風邪などの感染症を予防するには免疫力の向上が必要です

sIgAは、体内に侵入してくる病原体やウイルスから身体を守るために重要な働きをする免疫物質です。
パラミロンEOD-1を健康な方に4週間摂取いただくことで、唾液中の免疫物質(sIgA)の分泌量が有意に増加しており、風邪などの感染症予防が期待できることがわかりました。

03 精神的健康の改善

体だけでなくココロも健康に

パラミロンEOD-1を健康な方に4週間摂取いただき、健康関連QOLをSF-36v2*にて評価したところ、精神的健康(心の健康)が有意に改善しました。
「穏やかな気持ちになった」、「落ち込んだ気分が減った」、「憂鬱な気分が減った」、「楽しい気分になった」などのQOLの改善が確認されました。

*SF-36v2とは、健康関連QOL(Quality of Life、生活の質)を測定するための科学的で信頼性、妥当性を持つ尺度のこと。

04 身体的疲労感の軽減

疲労感を軽減し、活動的な毎日を送りましょう

「疲労」は、私たちが労働や運動、創造、精神活動などの日常活動の結果として感じている非常に身近な現象です。
パラミロンEOD-1を健康な方に4週間摂取いただき、疲労感をVAS法*で評価したところ、身体的疲労感がプラセボ食に比較して有意に軽減することが分かりました。

*VAS法とは、日本疲労学会の抗疲労臨床評価ガイドラインで推奨される疲労感の評価方法。

05 1日あたりの歩数の増加

パラミロンEOD-1を健康な方に4週間摂取いただき、1日あたりの歩数を摂取前後で比較したところ、4週間後の歩数が、プラセボ食に比べて有意に増加しました。

06 1日あたりの外出時間

パラミロンEOD-1を健康な方に4週間摂取いただき、1日あたりの外出時間を摂取前後で比較したところ、4週間後の外出時間が、プラセボ食に比べて有意に長くなりました。

07 血糖値の速やかな低下 ※マウスによる実験結果

マウスを2つのグループに分け、片方には高脂肪食を食べさせ、もう片方には高脂肪食と一緒にパラミロンEOD-1を食べさせました。
71日目に、ブドウ糖を投与し、血糖値の変化を確認したところ、パラミロンEOD-1を食べさせていたグループでは、投与後の血糖値が速やかに低下していることが分かりました。

08 血中のLDL-コレステロールの低下 ※マウスによる実験結果

マウスを2つのグループに分け、片方には高脂肪食を食べさせ、もう片方には高脂肪食と一緒にパラミロンEOD-1を食べさせました。
約2か月半後に、血中のLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)量を確認したところ、パラミロンEOD-1を食べていたグループのマウスは、パラミロンEOD-1を食べていないグループに比べ、LDL-コレステロール量が低いことが分かりました。